スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2009'12.05 (Sat)

ライブロックリフター

C.P.ファームからライブロックリフターが到着しました。

早速アクリル板をカットして、3点支持できるように、固定。C.P.ファームでは、4本足のモノが販売されていますが、力学的にも3点支持の方が安定しているので、3点支持をできるようにしたのです。

ライブロックリフター 単品
これが単品のモノ。

ライブロックリフター 改良
アクリル板を買ってきて、専用のカッターで切断。こんなものを6個作りました。

底砂をかき分けて、セット
リフター設置完了



さっそく、砂底にセットし、ニチアクの天然海水を入れました。110リットルほど入りました。
日曜日には、ライブロックやらベントスパックが届きます。
来週末には魚を投入できるかなぁ、、、

スポンサーサイト
02:47  |  タンクデータ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'12.04 (Fri)

レッドシーから

せっかく水槽がきても、なかなかセットアップできずに悶々していますが、本日、いろいろとレッドシーから送ってもらいました。

とりあえず、これ
今日来たモノ
T5蛍光灯、ベンチレーションキット、アクセサリーキット、フード固定ピン、サポート固定ピン

とりあえず、これらを組み込むので今日は精一杯。

アクセサリーキットで最初から入っていたモノと、送られてきたモノの比較。
アクセサリーキットの比較
左が、最初から入っていたモノで、右が送られてきたモノ。電話をしたときに、一度レッドシー側ではめてから送ってと頼んだので、間違いないモノがきています。左のものだと、どうしてもロックナットが歪んでいるので不安が残ります。
フード固定ピン
フードサポートを本体に固定するピンもきています。



あとは、職場の近くのショップで、こんなモノを
ハイドール
最近はやっていますよね。これ。マックスの吹き出し口にはどうやっても入らないのですが、シールテープを巻くといいらしいので、チャレンジしてみます。

ターボツイスト
病気予防に殺菌灯です。

屈折比重計
魚たちのためには正確な比重測定がかかせません。ディープシックスが評判いいですが、より正確に。

PC用ファンの流用
キャビネットの換気にファンを増設したいので、PC用のファンを使ってみたいと思います。

明日には、ライブロックリフターが届くので、明日には、海水を投入できるかな。
日曜日にはライブロックやベントスパックなどが届くので、それまでには、回し始めないとです。

がんばります。


00:28  |  タンクデータ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'12.03 (Thu)

セットアップ

昨晩届いたモノがこれ

商品の山


ヤマト便の方お疲れ様でした。
とりあえず、組み立てるために、和室へ。
箱から出すとき

大きな箱から水槽内部のパーツが入った小箱を取り出した後、水槽本体を抜くのですが、一人でやるときは、写真のように、段ボールの角を切って、全面にずらす形にすると、比較的容易に出せます。

キャビネットの方ですが、130Dと新型になって改良が加えられていて、扉の下部と下板との間に隙間をつくって、キャビネットの中の換気に役立っています。

いつもおもうのですが、こういった家具などを組み立てるときは、電動ドライバーが役立ちます。
私も、持っているので、キャビネットの組み立ては比較的簡単にできました。すべて人力だと、絶対に手が疲れて大変なことになっていたでしょう。

キャビネットの説明書
キャビネットの改良

写真でわかるかどうかわかりませんが、説明書のイラストは、まだ直っていませんので、ちょっと戸惑いました。

クーラーをキャビネット内に設置する予定ですので、キャビネットのベンチレーションキットも購入しましたので取り付けましたが、電動ドライバーなどがないと、非常に手こずるかも。私は電動ドライバーの歯をドリルに変えて、小さな穴を開けてから、ビスで固定しましたが、キャビネットの面材でビスが滑っていくので、なかなか難しかったです。

ちなみに、このファン爆音です。私は温度センサーをかませて、キャビネット内の温度が高くなれば、運転するようにするつもりです。

ファンを追加するために、キャビネットに穴を開けました。
穴あけ
電動ドライバーにホールソーをとりつけて、ゴリゴリっと。あとでPC用の8センチファンを取り付ける予定です。

前回の時もそうでしたが、「プリズムスキマー」→「ベルリンX2」→「c-skim」とレッドシーの商品を愛用してきましたが、毎回トラブルが続出で、やはりマックスでも、トラブルが。。。

内容は
ファンがない
クーリングファンがついていません。

左フードサポート
フードサポートの足下のピンが入っていません。両方とも。

あと、写真は撮っていませんが、蛍光灯の中間を支えるプラスチックのパーツの脱落、
スターターキットの砂袋が破れている、などなど。

早速、メーカーの担当者に電話を入れて、不足分を送ってもらいました。

この先、まだまだいろいろと、トラブルが想定されますが、がんばって立ち上げたいと思います。
今週中にクーラー、殺菌灯などが到着して忙しくなる予定です。

とりあえず、本日は、砂を入れるところまで。
砂
00:53  |  タンクデータ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'12.01 (Tue)

リスタート

去年11月頃60センチ規格水槽+外部濾過で始めた海水魚生活。

1ヶ月後の12月3日に90センチ規格水槽+外部濾過にバージョンアップし、それ以降、外部濾過×3台、プロテインスキマー(ベルリンX2→C-SKIMへ変更)、硝酸塩還元フィルター、リフジウム水槽、エコモッド×4台、vortech、クーラー、殺菌灯、メタハラ多灯、、、、といわゆるサティアン水槽と化していましたが、おかげさまで、オーバーフロー水槽でないものの、安定して魚水槽をまわしていました。

ですが、再婚を機に、一度水槽をたたむことになりました。

んでもって、やっぱ魚が飼いたい。嫁は、新たな生命が生まれてくるのに、、、、と
いろいろすったもんだありましたが、サティアン水槽にならない条件でと許可を得たので、とりあえず、また始めます。

もうすぐ、クロネコヤマトから水槽が届きます。

あ、チャイムが鳴りました。

さーてと、立ち上げを始めます。
19:42  |  タンクデータ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。